Razer製品値下げキタコレ。今買おう。すぐ買おう。

どうも、こんにちは一般学生(仮)です。

元年12月20日よりRazerの値下げがMSYから発表されました。

結構大きな価格変動で驚いている今日この頃な私です。

今回の値下げで購入を検討もしくは迷ってる方は、結構いると思います。
断言します買うべきです
今まで手の届きにくかったRazer製品が、チャンスを逃さない手はありません!!
可能性は少ないですが、値段が上昇する可能性もあります。

僕の友人に値下げ発表前に、Razerフル装備して嘆いてたやつもいます。

今や小中校生すら、PCに手を出している時代です。

この記事をご覧の子供たちは、お父さんお母さんこのサイトを見せて誕生日やサンタさんに伝えて

もらっておくのもいいかもしれないですね(笑)

ヘッドセットは㎰4などのコンシューマ機器でプレイしているFPS勢は高い音質が、

必要です。値下げが開始された。今ぜひとも買いましょう

今回は、ヘッドセットを紹介しようかと思います。

ちなみにヘッドセットの値下げは、こんな感じです

ヘッドセット

MSY様の発表画像参照

製品名&型番 値下げ前 値下げ後
Razer Kraken Green (RZ04-02830200-R3M1) 11,880円 8,980円
Razer Kraken Black (RZ04-02830100-R3M1) 11,880円 8,980円
Razer Kraken for Console (RZ04-02830500-R3M1) 11,880円 8,980円
Razer Nari Essential (RZ04-02690100-R3M1) 16,280円 12,000円
Razer Nari (RZ04-02680100-R3M1) 23,100円 16,800円
Razer Nari Ultimate (RZ04-02670100-R3M1) 32,780円 22,800円
Razer Thresher 7.1 (RZ04-02230100-R3M1) 21,780円 15,800円
Razer Ifrit and USB Audio Enhancer Bundle (RZ82-02300100-B3M1) 18,480円 12,800円

と、まぁこんな感じですね。さっそく上から順に紹介していきます。(Razer Ifrit and USB Audio Enhancer Bundleはヘッドホン型ではないため省略)

Kraken Green&Black




ベストセラー Kraken Pro V2の後継機Razer Kraken!


音質
ドライバーはKraken Pro V2と同様の50mmドライバーが使用されていますが

チューニングが変更されており、

今までのKraken Pro V2では左右から鳴っている音に対して、

距離感や細かい方向がやや掴みにくいことがあったが、Krakenでは

低音がかなりスッキリとした印象で、音の定位感が良くなっています。

低音の迫力はそのままですが、音の輪郭がクッキリとしているので

銃声や足音がした際に、音の鳴った方向が絞りやすくなっている。

マイク
マイクはカーディオ集音パターンが使用されているので、

不要な環境ノイズが少なく、マイクの横や後ろからの騒音は遮断されるので

快適なVCコミュニケーションが取れます!



Razer Kraken for Console

PS4やNintendo SwitchなどのCS機向けの製品です。
こちらは、上にあげたKraken Green&Blackとあまり大きな大差はありません。
デザインがps4をイメージされて作られていています。



Nari Essential/Nari/Nari Ultimate





お次は、Nariシリーズです。

性能だけでなく、機能性と利便性に富んだ、ハイクラスなゲーミングヘッドセットが「Razer Nari」になります。

Nariシリーズの中でも安価なのに高品質サウンド体験可能な「Razer Nari Essential」

ステレオ触覚(振動)テクノロジー・HyperSense非搭載の「Razer Nari」

振動も3D立体音響もライトも全部のせ とても贅沢な「Razer Nari Ultimate」

の三つに分かれます。

中でも、Nari、Nari Ultimateにはステレオ振動機能があります。

振動するヘッドセットは他にもありますが、PS4コントローラーのように全体が振動するタイプとはひと味もふた味も違います。

通常の振動は、対応する周波数の範囲が60Hz付近と範囲の狭い重低域だけに対応しているので、現実世界の空気の震えには感じられません。

それに比べて「HyperSense」の周波数は20~200Hz(重低域〜低域)の広い範囲に対応します。150Hzは多くのゲームの足音に相当する低域なので、足音を振動で感知することもできます。



しかも、他の製品がモノラル(全体)振動のところ、「HyperSense」はステレオで振動。そのため、右に敵がいれば右のイヤーパッドだけ強く振動します。

音だけでなく振動でも位置の把握の参考にできるので、臨場感はもちろん、FPSでは大きなアドバンテージを得られる可能性があります。
Razer Thresher 7.1


このゲーミングヘッドセットはワイヤレス接続。

付属のUSB送信機をPS4・PCに繋ぎ、そこから信号を送ってワイヤレスで音を出すという仕組みになっています。



また、このヘッドセットは7.1chサラウンドに対応。

ただし、PS4で使う場合はUSB送信機に光デジタルケーブルをつなぐ必要があります。

そして50㎜ドライバーを採用しているので、力強い活きたオーディオを楽しむことができます。



ヘッドセットには「マイクの音量」と「オーディオの音量」を調節できるボタンが付いているので、ゲーム中でもスムーズに音量調節ができます。

イヤーパッドがレザーになっていて、遮音性に優れています。

このヘッドセットのすごいところは、「PS4でもサラウンドに対応してますよ!」という特徴。

ただ、厳密にいうとすべてのPS4がサラウンド対応しているわけではありません。



対応していないPS4とは「PS4 Slim」のこと。

この型のPS4には「光デジタル端子」がありません。したがって、このヘッドセットだとサラウンドには対応していないので注意しましょう。


最後に
というわけで今回は、RAZERのヘッドセット商品はご紹介しました。

皆様の購入の参考になれば幸いでございます。

あまり知られていないらしいのですが、今回の値下げは高かった日本の価格が海外価格

にあわせて値下げされただけのようです。

ただお手頃価格になったのは間違いないのでぜひ、検討してみてください!!